FC2ブログ
保健所に持ち込まれ殺処分となる<命>
殺処分された命の数・・・。

TNRにより地域猫として一代限りを全うする命。

里親さん募集というシアワセの切符を掴むチャンスに出会えた命。

保護をされたが儚く散った命。
そして、里親さん募集には至らない身体的なハンディの命。

この世に<生>を受け人知れず、この世にいなかったと同じように
苦しみの中・暗闇の中で・・・消え去る命。

今、わたしに体を預けて眠るキりちゃん。
生後2ヶ月半で緊急手術の断尾をした猫ちゃんです。
眼球が飛び出たノン・里親さん募集中の優ちゃん。
カラスの餌になりかけて骨折していた仔・後足が伸びきった仔・・・たち。

そんな仔のたちの話をする機会がありました。
そして、五体満足で里親さん募集のできる事のシアワセ。
ハンディがありながら家族に迎えてくださる事への感謝。
殺処分をなくすには不妊手術・TNRが絶対に必要であること。

話しの最後に、その人は言いました。
<そーゆ規格外の猫は殺処分が良い>
笑い声を交えて私を見て・・・。

<あんたが規格外の感情と人間性だ。
 あんたが最初に殺処分になればい良い>

もう二度と会わないようにしよう。
次、会った時は、きっと本人に言ってると思うから。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
IMG_5100.jpg

IMG_5101.jpg

IMG_5102.jpg

シッポのない子がキリちゃん。真ん中・くろ子。 白黒が超天然の正宗ぼっち。
わたしのいつもの席からから見える景色。
とてもシアワセです。 

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
仕事の合間に車へ忘れ物を取りに行った時の事。
車のトランクを開けキャットフードを袋に詰めてる御婦人が・・・。
声を掛けようか迷ういつつも・・・<ネコの御飯ですか?>
大垣市内の街中の飲食店で猫の餌やりをしている。
猫は餌代は1日2500円。ドライ・缶詰・食欲のない猫はミルク。
猫の数は30匹くらい・・・。
御飯が終われば糞尿の後始末をして帰宅する・・・などなど。
御婦人は汗をかきながら話されました。そして話の合間に必ず・・・
<待っていて可哀相だから御飯はいかねば>
<可哀相だから・・・>耳に残る言葉です。

不妊手術の話をして捕獲器の話をして・・・耳カットの話しをして。
なかなか話しを受け入れてくれない。
<可哀相と捕まらない>の連呼で・・・。

確かに相談された訳でもなく、わたしからの勝手な提案。
しかも通りすがりの人だしね、わたし。
しかし、例え猫が30匹いたとしても今が一番少ない猫の数。
<可哀相>の意味を御理解戴かないと悲劇は繰り返されます。
年末には猫の地獄絵図です。
御婦人の連絡先は教えてくれませんでしたが
<連絡先を教えて>と言われました。少し安心です。
来週月曜は空いてる旨を伝えてあるから・・・
どうか、連絡がありますように・・・。

ナツ母に話したら・・・30匹さぁ捕獲器3個でどーやってするの?
確かに・・・でも、不妊手術の話になったら考える。
今は不妊手術して地域猫にする話をまとめなかん。
その前に御婦人より連絡がこないとあかん。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボラン<br />ティア・保護活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
IMG_2761.jpg

IMG_2762.jpg

IMG_2763.jpg
タヌキさん。1ヶ月位前に近所のお寺の辺りを歩いていたタヌキと同じような・・・気がする。

14時くらいに帰宅したら家の隣にいました。
ビックリしたけど何だか嬉しかった。微妙な距離感をとりつつも逃げない。
夕方、近所の爺さんに話したけど信じてもらえず・・・写真を見せたら笑ってた。
食糧難なのか?夜行性のタヌキが白昼堂々と闊歩する。
命あるものたち・・・生きる為、生き抜くために必死であることは明白だ。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
風邪をひきました。チマチマした風邪気味はありましたが10年ぶりに寝込みました。
GWの仕事を乗り切り、次の休日は猫屋敷へ。。。と、気持ちと裏腹に身体は立ち上がれず。頭の中では<あしたのジョー>ではないですが<立て!立ち上がれ!>と連呼してました。2日間どっぷり寝込み点滴三昧薬漬け。10年ぶりの風邪薬は体に染み込み効果覿面でした。そして、町医者といえど設備は凄くCT撮影もしました。血液検査結果も早く殆どは外注でなくてもわかるんです。ある意味感動でしたね。
今にも倒れ込みそうな状態で待合室にいながら頭ではそんな事を考えてました。
さてさて・・・地域猫の給餌活動は何が何でも這ってでも・・・。約束の時間には・・・。
今、思うと記憶が少々曖昧ですが空の缶詰が2個あるから大丈夫。

今回のコトで・・・。健康あっての日々の給餌活動という事を再認識させられました。
しかし或る意味では、綱渡りのような給餌活動です。代わりが利かないのです。
給餌活動は毎日コツコツと地道に目立たないように日陰の部分です。
しかし、地域猫たちの生命線を担う大切で重要な活動なのです。
ともあれ、給餌活動の在り方を少し考えていかなければ・・・と、思いました。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村